So-net無料ブログ作成

<後半国会>国会改革…道路…郵政、重要法案足踏み 政権求心力低下で(毎日新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長が今国会での成立に強くこだわる国会改革法案をはじめとして、政府・与党の重要法案が足踏みを続けている。政権の求心力が急速に低下し「5月政変」がささやかれるなか、10年度予算の前年度内成立など順調だった前半国会から様相は一変。国会も波乱含みの展開となってきた。【大場伸也】

 国会法改正案など国会改革関連法案は、副大臣・政務官増員と官僚答弁禁止などを盛り込む議員立法。国会の制度や運営にかかわるため、慣例として横路孝弘衆院議長の諮問機関「議会制度協議会」による超党派の合意が必要になる。しかし、野党側は鳩山由紀夫首相や小沢氏の「政治とカネ」問題の解明が先として協議会開催に応じず、提出もできない状況が続いている。

 小沢氏は山岡賢次国対委員長に、与党単独での協議会開催や提出も検討するよう指示したが、横路氏は慎重な姿勢で、社民党も「強行すべきではない」という立場だ。

 道路財政特措法改正案でも、小沢氏の意向で関係する新料金制度の見直しを余儀なくされた。国民新党も「料金について事前に説明も通知もなかったのは遺憾だ」と反発。野党の反対以前に政権内部の混乱が影響している。

 郵政改革法案も政府・与党の調整が難航した結果、国会提出が4月末以降にずれ込む見通しだ。今国会での成立を最重要課題に掲げる国民新党は危機感を強めており「5月政変に備え、その前に法案を成立させなければ」(幹部)という声も出ている。

 20日、国会内であった与党3党の国対委員長会談では、国会改革法案や郵政法案などの会期内成立を改めて確認した。山岡氏は記者団に、会期内成立の公算を問われ「そのつもりで進める」と厳しい表情で語った。

【関連ニュース】
後半国会:政権求心力低下で重要法案足踏み
郵政改革:課題山積、見切り発車 法案の骨子発表
郵政改革:法案骨子発表 ゆうちょ銀行などの業務拡大容認
郵政改革:政府出資2分の1以下なら第三者委を廃止
自民党:郵政事業PT座長に林芳正氏 離党の園田氏の後任

舛添氏は「瀬戸際外交、人心は…」自民総務会長(読売新聞)
30、40歳代引きこもり珍しくない 「高年齢化」にどう対応するのか(J-CASTニュース)
「日本の存在示せた」=鳩山首相、帰国の途に(時事通信)
喫煙やめたい人集まれ!神奈川県が「卒煙塾」開設(産経新聞)
「パンでおびきよせ」鹿撃った、女認める(読売新聞)



このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。